いびきを治すのに、良い食材があるのか?

いびきケア・歯ぎしりケアサプリメントランキング


いびき・歯ぎしり解消まとめ| いびき解消に役立つ治療方法

いびきを治すのに、良い食材があるのか?

肥満を解消すればいびきも治る!?

いびきと肥満

自分が大きないびきをかいていると指摘されたら、何とか改善したいと思いつつも無意識の行動だけにどのような対策をとったら良いか悩んでしまうのではないでしょうか。
実は、普段食べている食材を見直すことによりいびきが治る可能性があるのです。
食事によるいびきへのアプローチについて詳しく解説します。
いびきとは何らかの原因で気道が狭くなった場合に、呼吸の度に周辺の組織が振動して音を出すようになる現象のことです。
そして肥満になると喉などの呼吸器官にも脂肪が溜まって気道が狭くなります。
咽頭の壁や軟口蓋に脂肪がついて呼吸器官が狭くなり、口蓋垂などが振動しやすくなると大きないびきをかいてしまうだけでなく、眠っている間に気道が塞がり一時的に無呼吸の状態になることもあるのです。
というわけで、食事を見直して脂肪を落とすことによりいびきが治る可能性があるのです。

  • ○ダイエットに効果的な食材
  • 基本的には低脂肪・低カロリー・低糖質の食材を選ぶようにしましょう。例えば豆腐や鶏のささみ・牛の赤身などは高タンパク・低脂肪なので積極的に摂りたいですね。

    にんじん・ほうれん草・かぼちゃ・トマトなどの緑黄色野菜は新陳代謝を促進してくれます。さらにブロッコリーは食べごたえがあるだけでなくビタミンCも多いのでダイエットしながら美肌もキープしたい人におすすめです。

    ヨーグルト・チーズ・味噌など乳酸菌を含む食品は腸の動きを活発にする効果があり体内の老廃物を出して新陳代謝を促進します。

    こんにゃくや海藻・キノコ類は食物繊維が豊富に含まれ、非常に低カロリーであるため小さく切って料理のかさ増しに使うと腹もちが良くなりダイエットに効果的です。

ストレスや疲労を軽減する食材でいびき解消

ストレスや疲労が蓄積しているといびきの原因となります。人の体は極度の緊張状態が続いた場合寝るときに筋肉を弛緩させようという働きを強めるのですが、結果的に緩んだ呼吸器官が気道を狭くしてしまうのです。
疲れが溜まっていると感じているときはミネラルやビタミンが豊富な果物を取ると体内の老廃物が排出され効率的に疲労物質が減少します。


玉ねぎの意外な安眠効果

玉ねぎ安眠

いびきをかいているときというのは睡眠が浅い状態であると言われています。よく眠ったはずなのに疲れが取れていないという場合は深い眠りに入れずいびきをかいているかもしれません。
質の高い睡眠をとるために玉ねぎなどの安眠効果のある食材を使ってみてはいかがでしょうか。
玉ねぎは食事として食べるよりスライスしたものを枕元に置くと熟睡できると言われています。


ハチミツで空気の通りを良くしよう

ハチミツと安眠効果

ハチミツは風邪のときや咳への効果が有名ですが、抗菌作用や抗炎症作用があるので大きないびきをかき続けて痛めてしまったのどの膜組織の炎症を静めて上気道の通りを良くしてくれます。
またお茶は痰やつまりを解消してくれるので、寝る前の暖かいはちみつ入りのノンカフェインハーブティーはおすすめです。


いつもの牛乳を豆乳に変えてみる

牛乳は粘液を形成して痰などのつまりが増えてしまう可能性があります。
全ての人が当てはまるわけではありませんが、生まれつき乳糖を消化する酵素が少なく牛乳を飲むとなぜかお腹を壊してしまうという人は豆乳に切り替えてみてはいかがでしょうか。



まとめ

いびきと食事には一見何の関係性も無いように思えますが、ダイエットや疲労回復、気道の通りを良くするなど様々な観点からいびきの原因へとアプローチすることができます。
一時的な体調不良によりいびきをかいてしまうのは病気ではないので何の問題もありません。
しかし慢性的ないびきがさらなる健康のトラブルを引き起こすこともあります。まずは健康的でバランスの取れた食事を見直していびきを改善していきましょう。

関連記事

いびき・歯ぎしりサプリメント

治療方法があるの

治療方法があるの


運営者情報
(C)いびき・歯ぎしり解消まとめ All Rights Reserved.