いびきを治すには寝酒を止めることが大切

いびきケア・歯ぎしりケアサプリメントランキング


いびき・歯ぎしり解消まとめ| いびき解消に役立つ治療方法

いびきを治すには寝酒を止めることが大切

寝酒・深酒はいびきのもと

寝酒といびき

家族や友人などに「いびきがうるさい」と指摘されたら恥ずかしいと思いつつも自分では自覚しづらいためついつい放ったらかしにしてしまうのではないでしょうか。
しかし、いびきは睡眠時無呼吸症候群など思いもよらない病のサインであると言われています。
そんないびきは寝つきを良くするためなどに眠る直前にのむお酒、いわゆる「寝酒」が原因である場合があります。
つまり、いびきが大きくて悩んでいる人も寝酒を止めることで治る可能性があるのです。
そんないびきと寝酒の関係性についてご説明します。
普段はいびきをかかないのにお酒を沢山飲んだ夜はいびきをかいてしまうというタイプの人がいます。
アルコールといびきの関係性はお酒の量や体質により個人差が現れますが、一般的にはアルコールの量が多くなるといびきをかきやすくなります


寝酒がいびきの原因になるメカニズム

アルコールには筋肉を弛緩させる作用があるのですが、舌や咽頭の筋肉が緩むと上気道が狭くなります。
そして空気の流れが阻害されると周辺の組織が振動して音を出し、いびきが発生するのです。
またお酒により血行が促進されると鼻腔の血管も膨張します。
すると鼻腔の粘膜が充血・膨張して鼻が詰まったような状態になり、気道が狭くなってしまうのです。
さらにアレルギーを持っている人の場合は飲酒によりアレルギー鼻炎など症状が悪化して鼻水・鼻づまりの症状が出やすくなります
普段アレルギー鼻炎の薬によって治る症状もアルコールと一緒に飲むことによりアレルギーの症状が悪化して鼻が詰まってしまうこともあります。


多量のアルコール摂取で体は酸欠状態に

大量にアルコールを摂取し泥酔状態になると、体内が酸素不足になります。
そして体が必死で酸素を取り込もうとした結果口呼吸になるのです。
口呼吸になると下あごが下がってしまうので、舌根が落ち込みやすくなります。口呼吸は鼻呼吸と異なり鼻腔というフィルターで外部からの異物をシャットアウトすることができないのでホコリやダニ・花粉などのアレルゲンを取り込んでアレルギー症状の原因となります。
また口呼吸になると睡眠時に一時的に無呼吸の状態になる睡眠時無呼吸症候群になりやすくなります
そして睡眠時無呼吸症候群は心筋梗塞・狭心症・脳卒中・高血圧症・糖尿病などの重い病のリスクを高めます。つまり寝酒が原因で体が酸素不足の状態が慢性化することにより、突然死のリスクが高まるとも言えます。


寝酒をしても睡眠の質は良くならない

睡眠の質の悪化

寝る前にお酒を飲むことにより睡眠直後に深い眠りに入りますが、それ以降の睡眠サイクルは乱れてしまい、交感神経を刺激するのですぐに目が覚めてしまうなど睡眠の質は悪くなります。
そして睡眠の質が悪いと成長ホルモンの分泌が低下し、脳や体を修復する機能が十分に働きません。
少しのお酒により一時的な不眠が治るというパターンはありますが、お酒が無いと眠れないという考えは健康にとって良くありません。
また夜間頻尿の原因でもあります。


簡単チェック!あなたのいびきはアルコールが原因?

数日アルコールを飲んでいない状態でいびきをかいているかチェックしましょう。
お酒を飲んだらいびきをかいていて数日止めた日は治るようでしたらアルコールが原因ということです。
アルコールにより一時的にいびきをかいてしまうということは誰にでも起こりうることです。
それ自体は病気でもなく問題ありません。しかし寝つきを良くするためにお酒を寝る直前に飲む「寝酒」はいびきの原因になってしまいます。



まとめ

現代においては男性の半数以上が寝酒をしているとも言われています。確かに適度な量のお酒は健康にいい面もありますが、寝酒の習慣は健康に良くありません。
寝酒をついついしてしまう理由として、仕事や日常のストレスを忘れてしまいたい、お酒を飲まないとよく眠れないということがありなかなか止められない人もいます。
お酒に依存しないよう他のストレス発散方法やリラックス方法を探してみましょう

関連記事

いびき・歯ぎしりサプリメント

治療方法があるの

治療方法があるの


運営者情報
(C)いびき・歯ぎしり解消まとめ All Rights Reserved.