女性のいびきを治す方法を教えて!

いびきケア・歯ぎしりケアサプリメントランキング


いびき・歯ぎしり解消まとめ| いびき解消に役立つ治療方法

女性のいびきを治す方法を教えて!

そもそもいびきをかいてしまう原因とは

いびきといえば中年男性がかくというイメージがあり、女性がかいたりしたら、はしたないと感じる人も多いのではないでしょうか。
実際にいびきを指摘されたことがきっかけで友人や家族と旅行に行くことすらためらってしまう女性もいらっしゃいます。
いびきをかく女性は全体の15%程と言われていますが、女性のいびきを治すためにはどうしたら良いのでしょうか。それではいびきの原因と共に対応策について詳しくご説明します。
いびきをかく原因としては睡眠時に気道が何らかの原因で狭くなってしまい、呼吸時に空気が行き来すると周辺の組織や粘膜が振動して音を出すことにあります。そしていびきが出ているということは気道が狭くなっていて空気を取り込みにくく、体が酸素不足に陥りやすい状態であると言えます。
つまりいびきを改善させるということは気道を広く保つということであり、身体に酸素をきちんと取り込み睡眠の質を高めることにもつながります。


ストレスや疲れを溜めこまない生活習慣が大切

ストレスがたまった女性といびき

近年女性は積極的に社会に進出するようになり、男性と同様に仕事によるストレスや疲労を抱え込んでしまうことが増えています。
しかしストレスにより自律神経に乱れが生じると、粘膜が渇き充血するなどして気道に悪影響を及ぼします。
また疲労により喉周辺の筋肉が弛緩すると気道が狭くなってしまうのです。
これらは一時的な症状であり、原因であるストレスを発散させ疲労を回復させることによりいびきは治まります
つまりいびきは体が無理をしているサインでもあるので、まずはゆっくりと休息を取りこまめに体を労わってあげるようにしましょう。


人気の小顔は実はいびきが出やすい!?

小顔はいびきをかきやすい

最近女性の間では特に顎から頬にかけてのラインがシャープないわゆる“小顔”が流行しています。
しかしあごが細く、下あごが後ろに後退しているような骨格は気道のスペースが狭いため空気抵抗が大きくなり、いびきをかきやすいのです。
元々女性は平均的に男性と比べると骨格や気道周辺の組織が小ぶりであり、気道が狭くなりやすい傾向にあります。
対応策としては就寝時に病院で作ったいびき専用のマウスピースを装着し、顎の位置を固定して気道を広く保つ方法があります。また外科的な手術により気道を広げてしまうという方法もあります。
一方、肥満になり顔周りや首に脂肪が付いているという場合は脂肪が気道を狭めてしまう原因となります。
この場合はダイエットやエクササイズにより気道周辺のラインを引き締めることが効果的です。
女性にとっては憧れの小顔ですが、場合によってはいびきに悪影響を与えることもあるので注意が必要です。


睡眠グッズを活用していびきが出にくくなる姿勢をキープ

睡眠時の体勢もいびきに大きく影響を及ぼします。
仰向けに寝ると重力により舌が喉の奥の方へ落ち込み気道を塞いでしまう原因となります。
しかし横向けやうつ伏せで寝ることにより気道が塞がれないためいびきが軽減されやすくなります。
仰向けが癖になっている人は抱き枕を使うことにより自然に横向きの体勢を取ることができるようになります。
または背中側や腰の辺りにクッションを2つ位あてておくと仰向けになることを防止できます。
寝相により仰向けになりがちな場合は壁などをうまく使って配置しましょう。
沢山のクッションや抱き枕などはインテリアとしてもリラックスした空間を演出することができますね。


女性は更年期になるといびきが出やすくなる!?

女性はプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの働きにより呼吸中枢を刺激して気道を広く保つことができます。
しかし女性ホルモンの分泌量は更年期に著しく減少します。
その結果、40代半ば~50代の女性はいびきをかく確率が高いのです。
更年期のいびきに悩んでいる方は女性ホルモンの働きをサポートしてくれる「イソフラボン」が多く含まれる大豆食品を積極的に摂るようにしましょう。



まとめ

女性であればいびきをかいていることが恥ずかしくて誰にも相談できず、ついつい放ったらかしにしてしまうこともあるでしょう。
ですが慢性的ないびきは体を酸素不足に陥らせ、思わぬ病の原因となりかねません。
まずは規則正しい生活をして体調や睡眠時の環境を整え、それでもいびきが気になる場合は自分一人で悩まず病院で相談してみましょう。

関連記事

いびき・歯ぎしりサプリメント

治療方法があるの

治療方法があるの


運営者情報
(C)いびき・歯ぎしり解消まとめ All Rights Reserved.