いびきがうるさい人と寝るときの対策方法

いびきケア・歯ぎしりケアサプリメントランキング


いびき・歯ぎしり解消まとめ

いびきがうるさい人と寝るときの対策方法

いびきがうるさい人と眠ることになったら、あまりの音の大きさに眠れなくなったり眠ったとしてもすぐ目が覚めてしまったりして体力的・精神的に非常に辛くなってしまいます。人間の三大欲求である“睡眠欲”を妨害されている状態なので、あまりにひどい場合はいびきをかいている本人への怒りが抑えられず関係性が悪化することも…。しかしいびきをかいている本人は全く悪気がないところが厄介です。以下家族やパートナー等、一緒に寝る人のいびきがうるさい場合の対策についてまとめました。

まずは耳栓でいびき音を遮断する

耳栓で対策

いびきの音をシャットアウトするために耳栓をしているという方は意外にも多いものです。
100円均一で売っているものでも大丈夫ですが、万一落としたりして紛失してしまったときのため2、3セット用意しておくと安心です。
なぜなら、夜中良く眠れない状態で耳栓を探すことは非常にイライラが募るものだからです。
一方で耳栓をすると目覚ましの音などが聞こえないこともあるので注意が必要です。
他にも音を遮断するために布団を頭からかぶったり、iPodで音楽を聞いたりしていびきの音を聞こえないようにする方法もあります。


いびきをかいている人に刺激を与える

いびきをかいて寝ている人に軽い刺激を与えるといびきが止まることがあります。本人は無意識の状態なのですが、脳や体は外部との刺激と完全に無関係というわけではないようです。
やり方としては、例えば寝ている人の近くで手を叩いたり、鼻の下にそっとタオルをかけたりします。
「いびきが出ているよ」等、声をかけたらぴたっと治まる人もいます。
意外な方法でいびきがおさまるということがありますので色々と試してみてはいかがでしょうか。


寝る姿勢を変えてみる

実はいびきをかきやすい体勢というものがあります。
特にいびきが出やすいのは仰向けやお腹に手を乗せる姿勢です。
仰向けになると重力により舌が喉の奥の方へ落ち込み気道を塞ぐ原因となってしまいます。
気道が塞がったり狭くなっていたりすると呼吸時に空気が通るたびに気道周辺の組織が振動していびき音となるのです。
またお腹に手を乗せていると深く呼吸しなくてはならないので空気抵抗がより強くなり、いびき音が出やすくなります。
いびきをかいている人は横向きやうつぶせで寝かせるようにしましょう。また寝相のせいでしばらくすると仰向けに戻ってしまうという場合は、背中や腰の辺りにクッションをいくつかあてがったり壁を背面にしたりしてうまく姿勢を調整してください。
他にも抱き枕などを使うと自然に横向き・うつぶせの体勢が取れるようになります。


口にテープを貼る

口にテープで対策

口をテープや絆創膏などで塞いでしまうといびきをかくことはできません。
これはべつにいびきをかいている人に意地悪をしているわけではなく、いびきは鼻で呼吸せずに口呼吸が中心になっていると出やすくなるという理由があるのです。実際に通信販売やドラッグストアでもいびき防止用として専用のテープが販売されています。
他にも鼻の下にメンソールを塗ると鼻呼吸がしやすくなっていびきが治まったという例もあります。
しかし鼻炎持ちであるなど鼻に疾患がある場合は呼吸が辛くなるので注意が必要です。
鼻に異常があるせいでいびきをかいていると思われる場合にはまず鼻の治療が先決となります。



まとめ

いびきはかいている本人にとっては無意識の行動なのですが、側で寝ようとしている人にとっては何とも耐え難い爆音になる場合があります。
いびきはお酒を沢山飲んだりストレスや疲れが溜まっていたりすると一時的に出る場合があり、原因が解消されれば改善していきます。
しかし慢性的に大きないびきをかいていたり、睡眠時に呼吸が止まっていたりするようなら注意が必要です。
いびきに思わぬ病気が潜んでいる可能性もありますので、気になる場合は病院を受診するよう勧めてみましょう。

関連記事

いびき・歯ぎしりサプリメント

治療方法があるの

治療方法があるの


運営者情報
(C)いびき・歯ぎしり解消まとめ All Rights Reserved.