睡眠時無呼吸症候群とは

いびきケア・歯ぎしりケアサプリメントランキング

いびき・歯ぎしり解消サプリメントランキング


いびき・歯ぎしり解消まとめ

睡眠時無呼吸症候群とは

SASとは

検査の必要性は?

睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸をしていない状態になる病気です。“Sleep Apnea Syndrome”の頭文字から「SAS」とも呼ばれます。具体的には気道に10秒以上空気が流れていない状態を「無呼吸」と呼び、無呼吸が一晩に30回以上、または1時間に5回以上の無呼吸があれば睡眠時無呼吸症候群であるとされます。この病気の特徴としては睡眠時の症状であるため家族などから指摘されなければ自覚しづらいことが挙げられます。しかし、無呼吸により体が酸素不足になると脳や体に負担がかかり十分に睡眠が取れていない状態になるため、日中もぼんやりとして集中力が続かなくなる等身体に様々な悪影響があります。


大きないびきは睡眠時無呼吸症候群のサインは

いびきがうるさい

睡眠時無呼吸症候群の症状として、いびきの音がとにかく大きくなるという特徴があります。いびきは気道を空気が流れたときに粘膜が振動して音が出ることにより発生するのですが、睡眠時に何等かの原因で気道が狭くなっていたり閉塞したりするといびきの音が大きくなるのです。 自分のいびきの音で目が覚めてしまうという方もいますが、多くの場合真っ先に気づくのは家族という事が多いでしょう。親しい人のいびきが大きい場合、無呼吸になっていないか確認しましょう。また、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合は医師に相談すると良いでしょう。


睡眠時無呼吸症候群の自覚症状

目覚めが悪い

睡眠時に無呼吸になっていないか本人が直接確かめることはできません。しかし、酸素不足になっていると体に様々な不調が現れるものです。きちんと眠っているはずなのに日中やたらと眠くなったり、身体がだるい・疲れやすいと感じたりするようならそれは睡眠時無呼吸症候群のせいかもしれません。また、起きたときに口が渇いて熟睡した感じがなく、身体が重いと感じるような場合も睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。


睡眠時無呼吸症候群の原因とは

睡眠時無呼吸症候群は何等かの原因で気道が狭くなっていることにより引き起こされます。例えば、肥満により首周辺に脂肪が付いてしまうと気道が狭くなってしまいます。 また、顎が小さい・口蓋垂が大きいなど生まれつき気道が狭いタイプの人もいます。 鼻すじが曲がっていたり鼻が低かったりする場合も同様に気道が狭くなる原因です。

睡眠時無呼吸症候群の恐ろしい合併症が判明した場合

睡眠時無呼吸症候群になると体に十分な酸素が行きわたらないため、脳にも酸素が供給されず眠ったつもりでも脳は起きているという状態になります。つまり脳が休息できていないため起床時に頭痛がするのです。そして日中は集中力が保てなくなり、作業効率が低下してしまいます。車を運転する場合は特に、他の人を巻き込む重大な事故になりかねません。 また、生活習慣病や高血圧・脳卒中・心筋梗塞などの生命に関わる病気との関連も指摘されています


睡眠時無呼吸症候群を診療できる診療科目とはが判明した場合

もしかしたら睡眠時無呼吸症候群かも?と思った場合は何科で診てもらえばいいのでしょうか。睡眠時に閉塞してしまっている上気道を専門に診察しているのは耳鼻咽喉科になります。ただし、耳鼻咽喉科の中でも睡眠時無呼吸症候群に対応しているかどうか実際に病院に行く前にチェックしておいた方が良いでしょう。メールや電話で問い合わせることも可能ですが、病院のホームページに記載されている情報も非常に参考になります。


まとめ

睡眠時無呼吸症候群は眠っている間に無呼吸になってしまうという病気ですが、本人は症状が出ていることに気づきにくいという厄介な側面があります。しかし、放置すると様々な合併症を引き起こす可能性があり決して甘く見ることはできません。良く眠ったはずなのに体がだるい、頭が重いという感じが続くようならただの疲労であると放置せずに医師に相談することが大切です。医師の適切な診断のもとに睡眠の質を改善することにより睡眠時無呼吸症候群の対策を取ることができます。

関連記事

いびき・歯ぎしりサプリメント

治療方法があるの

治療方法があるの


運営者情報
(C)いびき・歯ぎしり解消まとめ All Rights Reserved.