検査を受ける方法

いびきケア・歯ぎしりケアサプリメントランキング


いびき・歯ぎしり解消まとめ

検査でいびきの状態を知りたい

いびき検査の必要性とは

検査の必要性は?

いびきがあまりにも大きくて気になる場合、病院等で検査をすることが可能です。いびきは健康体であってもかくものだから検査は必要ないと思ったり、病院でわざわざいびきについて相談するなんて恥ずかしいと感じたりする方もいらっしゃるかもしれません。しかし、大きないびきをかいている場合は睡眠時無呼吸症候群という病気が潜んでいる可能性があるのです。睡眠時無呼吸症候群(通称SAS)は睡眠時に無呼吸の状態になる病気で、放置すると日常生活に様々な障害が引き起こされたり、高血圧や心臓疾患を併発したりする危険性があり決して甘く見ることはできません。たかがいびきと言って軽視せずに、きちんと検査を行って早期発見・早期治療を行うことが大切です。

いびき治療を行うことができる診療科とは

診療科

いびきの原因は睡眠時に上気道(鼻から気管の入り口までの空気の通り道)が何らかの原因により狭くなっていることにあります。そこで、いびきの治療においてはいびきの原因がどこにあるのかを正確に診断することが重要です。 まずは耳鼻咽喉科または睡眠時無呼吸症候群(SAS)に対応している病院を受診してください。専門医にかかることができれば一番良いのですが、「いびき外来」など分かりやすい診療科を設けている病院はまだまだごくわずかです。いびきの診療をしているか電話やメールなどで事前に確認しておくと安心ですね。 また、花粉症などで鼻づまりがある、お酒を飲んだ時や仰向けに寝ているときに特にいびきをかいている等、思い当たる事があれば受診時に医師に伝えましょう。細かく自分の状態を伝えることにより正確な診断の助けになることがあります。

まずは自宅で簡易検査を

自宅で簡易検査

病院で問診を行い、睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合まずは自宅で簡易検査を行います。病院でレンタルした検査用のセンサーを手の指や鼻に装着して睡眠時に行う検査となります。自宅でできるので普段通りに仕事や日常生活を行うことができます。睡眠時の無呼吸の有無やその頻度、酸素飽和度を調べる検査(パスルオキシメトリー)があり、検査の内容によって費用が異なりますので詳しくは医療機関にご確認ください。 簡易検査により睡眠時無呼吸症候群ではないと判明した場合は鼻の疾患の治療などでいびきが改善するケースもあります。
また、最近ではいびきサプリメントやいびき対策グッズなどたくさんのいびきケア商品があるので、そちらを試してみることオススメです!

病院でより精密な検査を

ポリソムノグラフ検査

簡易検査で酸素飽和度の低下やいびき等の状態を調べて無呼吸症候群の疑いがある場合、病院に入院してより精密な検査(ポリソムノグラフ検査)を行うことが必要になります。 睡眠時に身体に数十個のセンサーを取り付けて行う検査ですが痛みは無く、検査の翌朝通常通りに出勤等ができるよう時間帯を調整することも可能です。 脳波や心電図・無呼吸の種類・酸素低下状態・体の向きや動きなど、簡易検査よりも高い精度で様々な観点から睡眠の質を調べる検査となります。CPAP治療など個人の詳細なデータの有無が治療効果に大きく影響する治療方法を行うためには必須の検査となります。

検査後睡眠時無呼吸症候群であることが判明した場合

精密検査の結果睡眠時無呼吸症候群であると診断された場合は生活指導やCPAP治療・マウスピース治療などの無呼吸状態を改善するための治療が開始されます。病気の重症度や呼吸器官の状態等により適切な治療法が選択されます。

まとめ

いびきの音が気になる場合は睡眠時無呼吸症候群という病気のサインである可能性がありますので早めに医療機関で検査を受けることをおすすめします。検査は痛みが無く、睡眠時に行うので日常生活に支障をきたすことなく短期間で済みますので気軽に受けることができると思います。たかがいびきといって放置せずにきちんと検査を受けて医師のアドバイスを受けることが大切ですね。

関連記事

いびき・歯ぎしりサプリメント

治療方法があるの

治療方法があるの


運営者情報
(C)いびき・歯ぎしり解消まとめ All Rights Reserved.