赤ちゃんや子どもが歯ぎしりする原因はあるの?

いびきケア・歯ぎしりケアサプリメントランキング


いびき・歯ぎしり解消まとめ|悩める歯ぎしりの原因は何?

赤ちゃんや子どもが歯ぎしりする原因はあるの?

歯が生えたばかりの赤ちゃんも歯ぎしりをするという事実

赤ちゃんの歯ぎしり

小さな子どもが眠っている間大きな歯ぎしりをしていたら、親としてはつい心配になってしまいます。
しかし、子どもの歯ぎしりは成長段階で起こる一過性のものであることが多くそれほど神経質になる必要性はないようです。そんな子ども特有の歯ぎしりの原因についてまとめてみました。
赤ちゃんの乳歯は生後3カ月~9カ月ごろに下の前歯から生えてくると言われています。
そして生後8か月~9か月で上の歯も生え始め、上下の歯が揃ったタイミングで歯ぎしりが始まる子どももいます。
生えたばかりの小さな歯をゴリゴリと歯ぎしりしたりして大丈夫?と心配になるお母さんも多いようですが、これには子どもの成長にとって不可欠な大切な理由があるのです。

赤ちゃんは歯ぎしりによって噛む準備をしている

噛む準備

実は、赤ちゃんの10~20%程が歯ぎしりをしているそうです。
うちの子は全然していないと思っていても親が気づかないうちにしているというパターンもあります。
赤ちゃんは眠っているときだけでなく、昼間もゴリゴリと歯ぎしりをしていることがあるのが特徴的です。
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中はミルクを飲むために、口にくわえたものを吸うという単純な動きを中心的にしています。
しかし、歯が生え始めたら顎を上下左右に複雑に動かして食べ物をかみ砕いて食べなくてはなりません。
この時期は歯が上と下から別々に生えてくるのが原因で噛み合わせが不安定な状態です。
そこであかちゃんは歯ぎしりで歯をすり減らしたり、歯を食いしばったりすることにより安定的に噛むことができるポイントを探しているのです。
また、歯ぎしりをすることにより顎の筋肉や骨を強くして発達を促したり、これから生えてくる歯のスペースを作ったりするという効果もあります。
あまりに長時間歯ぎしりをしている赤ちゃんは前歯が欠けてしまうことがあります。少しくらい欠けても問題は無いのですが、歯がすり減るのが早い、歯茎に炎症があるなどの異常がみられる場合は歯医者さんや小児科のお医者さんに相談するようにしましょう。
そして赤ちゃんが噛んでも大丈夫なおもちゃや歯固めなどをあげて気をそらせるようにしてください。
ちなみに大人の歯ぎしりはストレスにより引き起こされる場合があるのですが、赤ちゃんの場合はストレスが原因ではないと言われています。

少し成長した子どもの歯ぎしりについて

子どもが2歳になった頃に一番奥の乳臼歯が生えてきますが、歯が生えてくる違和感や不安定になってしまった噛み合わせ調節のため歯ぎしりをすることがあります。
そして4歳~6歳頃に乳歯から永久歯へと歯が生え変わります。
この時期の子どもは成長して顎が大きくなってくるので歯と歯の間に隙間が空いている状態になります。
そこで歯ぎしりで噛み合わせを調整したり、永久歯が生えてくるスペースを作ったりしているのです。

歯ぎしりがストレスのために起こっている可能性も

お子さんが睡眠中だけ歯ぎしりをしているという場合は少し注意が必要です。
大人の歯ぎしりの原因としてストレスにより眠りが浅くなっているということがありますが、子どももメンタル面の影響によりストレスを抱えて歯ぎしりをすることがあります。
例えば、兄弟が生まれてあまりかまってもらえず寂しさを感じているとか幼稚園・保育園に行くと親と離されてしまうことが辛い等、子どもには子どもなりの理由があるものです。
たまにはお子さんとふれあい、リラックスできる時間を作ってあげるようにしてください。


まとめ

どのような原因であれ子どもの歯ぎしりは一過性のものであることが多いので過度に心配する必要はありません。
歯ぎしりは大人に比べて変化しやすい歯の状態に適応し、また顎の筋肉や骨の発達にとって大切なことです。
子どもが歯ぎしりをしていたら成長しているしるしとして暖かく見守ってあげてくださいね。

関連記事

いびき・歯ぎしりサプリメント

治療方法があるの

治療方法があるの


運営者情報
(C)いびき・歯ぎしり解消まとめ All Rights Reserved.