悩める歯ぎしりの原因は何?

いびきケア・歯ぎしりケアサプリメントランキング


いびき・歯ぎしり解消まとめ

悩める歯ぎしりの原因は何?

様々な原因で歯ぎしりが起きている!

歯ぎしりの原因

夜中の歯ぎしりは他人の睡眠を妨害してしまうこともあり、できれば改善したいものです。また歯ぎしりは睡眠中の行動なので自覚症状が無い人も多いのですが、起床時に何となく顎に違和感や痛みを感じるようならもしかしたら知らず知らずのうちに歯ぎしりをしているかもしれません。 歯ぎしりは人に迷惑をかけてしまう可能性があるだけではなく、慢性化すると歯や顎にダメージをかけつづけることになります。そんな気になる歯ぎしりはどうして起こるのでしょうか。代表的なパターンについてまとめてみました。

歯ぎしりの大きな原因はストレスにあった!

ストレスが原因

実は、ストレスにより歯ぎしりが引き起こされるというパターンは非常に多いのです。 現代社会においては引っ越しや転職などの環境の変化、身近な人の急な病気など様々な理由でストレスを抱え込んでしまうことがあります。そして心理的に不安があったり欲求不満な状態のとき、人は体をゆすったりと様々な体の動作をしますが歯ぎしりもその一部と言ってよいでしょう。 ストレスをゼロにすることはなかなか難しいですが、趣味に打ち込む時間やリラックスタイムを作ることにより効果的にストレスを発散するようにしましょう。また、場合によっては専門家によるカウンセリングを受けることも必要です。

歯並びの悪化により引き起こされる歯ぎしり

歯並びが原因で起こる歯ぎしり

歯並びが悪いと歯のかみ合わせが変化しやすくなります。そして歯の状態が変化すると人は歯ぎしりをすることにより歯のかみ合わせの調整をするようになります。歯並びがきれいであっても歯ぎしりをする可能性はあるのですが、歯並びが悪い状態で歯ぎしりをすると歯のかみ合わせが悪いために歯のダメージもより大きくなってしまうという問題があります。 歯並びが悪いために歯ぎしりをしていると考えられる場合、歯列矯正による治療が効果的です。しかし歯並びが悪くなる原因は人によって様々です。歯並びを悪化させる要因についてご説明します。


  • ○虫歯や歯周病などで歯のかみ合わせは変化する
  • 歯が不健康な状態になると歯で物を噛むといdうことが不安定になります。また歯ぎしりによって虫歯や歯周病が悪化する場合もありますので、早めに治療を行うことが大切です。
  • ○年齢を重ねると起こる噛み合わせの変化
  • 人は加齢により顎の関節が徐々にすり減っていってしまいます。そしてあごの関節の形状に合わせるために歯ぎしりで歯を削る事になります。あまり短期間で歯がすり減ってしまう場合は歯ぎしりの原因になります。
  • ○酸性の食べ物の歯への影響
  • みかん等の柑橘系のフルーツは酸が強く、たくさん食べ過ぎると歯の表面を覆っているエナメル質が溶かされてしまいます。これを『酸蝕症』と呼びます。歯の内部の象牙質は柔らかいためむき出しになってしまうと歯がすり減りやすくなります。溶けてしまったエナメル質は唾液を多く分泌することにより日々少しずつ再生を繰り返しているので、ガムをかんだりすることがおすすめです。
  • ○体のバランスが崩れるような体勢は噛み合わせにも影響する
  • 身体の歪みは口内のバランスにも影響を与えています。座る時に足を組んだり頬杖をついてしまったり、就寝時の枕が高めであったり横向きに眠ったりする癖のある人は注意が必要です。

歯を食いしばる癖にある人は歯ぎしりに要注意

食いしばりが原因で起こる歯ぎしり

その他、起きているときでも自然と歯を食いしばっている癖がある人は、睡眠中にその癖が出て歯ぎしりをしてしまうということがあります。癖を改善するために、目が覚めているときには上あごの歯と下あごの歯が当たらないよう意識するようにしましょう。上下の歯同士が接触せず、わずかに隙間が空いている状態が正しい歯の位置です。


まとめ

歯ぎしりは無意識の間にしてしまう行為なので改善は難しいと感じるかもしれません。しかし、原因を辿ると日中の行動や姿勢が深く関わっているということが分かります。歯ぎしりは人に迷惑をかけるおそれがあるだけではなく、自分の歯や顎に大きく負担をかけてしまいます。もし歯ぎしりをしてしまう癖がある場合はその原因を振り返ってみると効果的な解決方法が見つかるかもしれません。

関連記事

いびき・歯ぎしりサプリメント

治療方法があるの

治療方法があるの


運営者情報
(C)いびき・歯ぎしり解消まとめ All Rights Reserved.