女性にも起きるいびきの原因は男性とは違うのか?

いびきケア・歯ぎしりケアサプリメントランキング


いびき・歯ぎしり解消まとめ|いびきの原因は様々

女性にも起きるいびきの原因は男性とは違うのか?

女性のいびきの現状

女性のいびき

いびきは一緒に眠っているパートナーの睡眠を妨害してしまうこともあり、しかも音を立てている本人は自覚しづらいという厄介なものです。
そしていびきは主に中高年男性の音が大きいというようなイメージがあるため、女性は相談しづらくて人知れず悩みを抱えてしまうこともあるのではないでしょうか。
しかしある調査によると女性の3割ほどはいびきをかいているそうです。
そしていびきの原因は様々ですが、女性特有の原因も存在します。以下女性に特徴的ないびきの原因について詳しくご説明します。
いびきの原因は睡眠時に上気道(鼻から咽頭までの空気の通り道)が何らかの原因で狭くなることにあります。気道が狭いと呼吸時に出入りする空気抵抗が大きくなり、粘膜や周辺組織が振動音を出すのです。
つまりいびきの音を小さくするためには就寝時に気道を広く保つことがポイントと言えます。


女性は社会進出と共にいびきをかきやすくなった

ストレスがたまる女性

近年女性は積極的に社会に進出することにより、男性と同様に仕事によるストレスを抱えるようになりました。そして疲労やストレスが溜まると無意識のうちに体がより多くの酸素を取り入れようとして口呼吸となります。しかし口呼吸は舌が喉の奥の方へ落ち込んで気道を塞ぎやすくなり、いびきの原因となります
つまり、いびきとストレスには深い関係があるのでいびきをかいていることについてあまり思い悩みすぎるとさらに悪化させてしまうこともあります。
また、働きに出る女性は特にお酒を飲む機会も増えています。
アルコールには血行を良くする作用もありますが、鼻の血管が膨張することにより粘膜が腫れ鼻づまりになりやすくなり、結果的に気道が狭くなってしまうのです。
しかしアルコールが原因でいびきをかいている場合は一過性のものであり、お酒を飲んでいない日にはいびきは治まるので特に心配は不要です。


女性に流行している小顔はいびきをかきやすい!?

細く引き締まった顔は”小顔”と呼ばれ、流行や美に対して敏感な女性の憧れの的となっています。小顔をつくるエクササイズやエステなども非常に人気がありますが、実は小顔はいびきをかきやすい体型なのです。
特に顎が小さく後退している傾向にあるということは気道がもともと狭いということなので、空気抵抗が大きくなりやすいのです。
さらに女性は男性に比べて骨格も小さいためいびきをかきやすいのです。また近年では柔らかい食べ物を好む人が増え、物をあまり噛まずに食べる傾向にあります。
結果的に顎が鍛えられず、細い骨格となってしまいます。


加齢によりいびきをかく女性の割合は上昇する

40代~50代にかけて女性は閉経を迎える更年期という時期に差し掛かります。
更年期は女性ホルモンの分泌量が著しく低下する時期でもあり、その影響で心身に様々な不調が現れます。特にプロゲステロン(黄体ホルモン)には呼吸中枢を刺激する働きがあり、この分泌量が低下すると気道の広さを保つことが難しくなります
しかしホルモンの分泌が低下しただけでいびきが出るというよりも首周りに脂肪がついてしまうなどの他の要因と組み合わさっていびき音が大きくなる場合がほとんどです。
加齢によりホルモンの量が変化したとしても、他の要因を改善させることによりいびきを治療することが可能です。




まとめ

いびきは主に男性がかいているようなイメージがありますが、骨格やホルモンのバランスなど女性が特にいびきをかきやすくなるような要因も存在します。
いびきをかいていると眠りが浅くなり、睡眠の質が落ちてしまいます。
十分な脳の休息が取れていないことから疲れやすくなり、肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまうこともあります。
また、たかがいびきと言っても重大な病気が潜んでいる可能性もありますので、気になる場合は迷わず病院で相談することが大切です。

関連記事

いびき・歯ぎしりサプリメント

治療方法があるの

治療方法があるの


運営者情報
(C)いびき・歯ぎしり解消まとめ All Rights Reserved.